広島・京都の美容外科、美容皮膚科、二重整形、クマとり、糸リフトならネビュラクリニック

ネビュラクリニック 錦糸町院(2024年4月1日 グランドオープン)
  • TOP
  • コラム一覧
  • グラマラスライン形成(タレ目形成)のダウンタイムは?期間と過ごし方について徹底解説

グラマラスライン形成(タレ目形成)のダウンタイムは?期間と過ごし方について徹底解説

グラマラスライン形成(タレ目形成)のダウンタイムは?期間と過ごし方について徹底解説

グラマラスライン形成とは?

グラマラスライン形成(別名:たれ目形成)とは、つり目を改善したい・目元をもっと大きくぱっちりにしたい、目元を優しい印象にしたいという方におススメの施術です。通常、切開を伴う施術であるため、必然的にダウンタイムが発生しますが、ダウンタイムに抵抗がある、いきなり大きくたれ目にしたくない、コストを抑えてたれ目にしたときに似合うかどうか見てみたいという方向けに、切開をしない方法もあります。

施術方法

前述したとおり、グラマラスライン形成術には大きく分けて、①切開を伴うものと②切開を伴わないものがあります。切開を伴わない方法の場合、切開する方法に比べて、たれ目にできる度合いは軽度になりますが、印象は変わります。

切開伴うものの場合にも大きく分けて2種類のやり方があり、結膜側(まぶたの裏側)に傷ができ、表に傷が見えない方法と下まぶたの辺縁に1-2㎝ほどの小切開で行う方法があります。数ミリから1cm程度確実に下げたい方は皮膚側小切開の方法がおススメです。

期待できる効果

期待できる効果

効果に関しては、前述した3つの方法のうち、下まぶたの辺縁に小切開を伴うものが最も変化を出せますし、変化量の調節がしやすいのもこの方法になります。

次に結膜側アプローチの切開を伴う方法がありますが、切開を伴わない方法と大きくは変化量が変わりませんし、表切開の傷跡もわかりにくいため、1-2ミリほど下げたい方はまずは非切開によるものを試してみてもよいかもしれません。

効果に関してまとめると、皮膚側小切開アプローチ>結膜側切開アプローチ>切開を伴わない方法

の順に効果は出しやすいです。

グラマラスライン形成のダウンタイムの期間の目安

切開を伴わない方法の場合、直後から少し浮腫む程度であるので多くて1-3日ほどかと思います。また度合いも見た目上わからないくらい軽度です。

切開を伴う場合、どうしても内出血や傷跡に赤みが出る時期があります。抜糸を最短で5日でできるため、これまでの期間は糸がついた状態となります。(透明の糸を使って目立ちにくくすることもできます)

見た目上気になるのは5日前後が目安かと思います。

痛みに関しては1-2日ほどで治ることがほとんどですが、腫れは一週間ほど続く場合もあります。

ただ、隠す方法もあるので、ダウンタイムとれない方が切開法で受けて隠して通常どおりの日常生活を送っている人も実際います。

グラマラスライン形成のダウンタイムの症状・副作用

ダウンタイム中は、内出血や痛み、炎症、一時的な外反(あっかんベー状態)などがありますが、一時的なことがほとんどです。

皮膚側切開する場合には、傷跡が残りやすいというデメリットがあります。しかし、他人からはほとんどわからないほどの傷跡であり、化粧をすれば全くわからないレベルにまで隠すことは可能ですし、時間経過で馴染んできます。

グラマラスライン形成の施術後の過ごし方

施術当日の洗顔を控える

手術当日は、「傷以外のふき取り洗顔のみ」可能となります。手術部位に刺激を与えないように優しく行いましょう。

コンタクトレンズの装着を1週間は控える

切開を伴わないものや結膜側切開の方法は原則、手術後1週間ほどはコンタクトレンズの使用を控えていただく必要があります。皮膚側に小切開を加える方法に関しては影響でませんので、術後翌日からコンタクトレンズの着用は可能です。

どうしてもご予定などで控えることができない場合には、その予定のときのみ使用を許可しております。

いづれにせよ、目に大きな違和感が残る場合には様子をみながら控えていただく場合がございます。

飲酒を控える

飲酒や激しい運動は、術後数日以内は避けていただいております。炎症が引かず、ダウンタイムが長引く可能性が出てくるためです。

刺激の強い化粧品は避ける

傷周りへの刺激の強い化粧品は抜糸まで一週間ほど控えていただいております。傷への刺激がなければ、内出血などを隠すくらいの化粧は可能です。

グラマラスライン形成の効果を上げる併せて行いたい美容施術は?

前述してきたように、グラマラスライン形成は、比較的身体への負担が少なく、効果もしっかり出る大人気の施術です。

また、これと組み合わせることでさらに理想の目元に近づけるそんな施術をここでは紹介いたします。

二重整形

グラマラスライン形成は主に目を下側へ拡大する施術ですが、二重にすることによって上方向にぱっちり広げることができます。

>>二重整形の施術について詳しくはこちら

目尻切開

目尻切開を併用することで更に目を外側へ拡大することが可能になります。組み合わせ人気施術人気No.1の施術です。

>>目尻切開の施術について詳しくはこちら

目頭

目頭切開を併用することで、更に目を内側に拡大することが可能です。

グラマラスライン形成と同時に行うことで、四方向に目を拡大できる人気の施術たちです。

>>目頭切開の施術について詳しくはこちら

グラマラスライン形成の施術ならネビュラクリニックがおすすめ

ネビュラクリニックは、広島/京都、更に2024年春には東京へ開院する全国展開中の美容外科に特化したクリニックです。

大手美容外科で院長や指導医を歴任した医師などで構成されており、各施術それぞれのエキスパートが在籍しております。定期的な技術共有も盛んにおこなわれており、どの先生でも一定以上の高水準の手術が提供できるよう技術教育がなされております。

グラマラスライン形成および目周りの手術をお考えの方は、是非ネビュラクリニックへご相談ください。

関連するコラム

[ COLUMN ]
この記事を監修したドクター
岸大輔

岸大輔

Daisuke Kishi

経歴

昭和大学医学部医学科 卒業
東海大学医学部附属病院 形成外科
都内病院 麻酔科
大手美容外科クリニック 川口院 院長
大手美容外科クリニック 新宿東口院 部長
大手美容外科クリニック 仙台駅前院 副院長
大手美容外科クリニック 高田馬場院 院長
大手美容外科クリニック 枚方院 院長

所属学会・資格

日本美容外科学会(JSAS)正会員
日本麻酔科学会正会員
ボトックスビスタ認定資格医
ジュビダームビスタ認定資格医
ジュビダームビスタバイクロス認定資格医
日本救急医学会ICLSプロバイダー修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

学術集会演題発表歴

1. 『肢帯型筋ジストロフィー患者の腹腔鏡下虫垂切除術に対する麻酔経験』,第59回日本麻酔科学会合同学術集会,演者:岸大輔、奥田奈穂、小柳哲男、斎藤郁恵、新井多佳子、島田宗明
ドクターの詳細はこちら

お問い合わせ

[ CONTACT ]
ボタンをタップ
LINEアイコン
LINE予約はこちら
お電話での
お問い合わせはこちら

営業時間 10:00〜19:00/不定休

WEBでご予約はこちら

CONTACT

クリニックのご紹介

[ CLINIC INFOMATION ]

Follow me!!

症例写真・動画投稿しています!参考にご覧ください!