広島・京都・東京錦糸町の美容外科、美容皮膚科、二重整形、クマとり、糸リフトならネビュラクリニック

ネビュラクリニック 錦糸町院(2024年4月1日 グランドオープン)
  • TOP
  • コラム一覧
  • 目の下のクマ取りダウンタイムはどれくらい?経過や過ごし方を解説!

目の下のクマ取りダウンタイムはどれくらい?経過や過ごし方を解説!

目の下のクマ取りダウンタイムはどれくらい?経過や過ごし方を解説!

目の下にクマができると、疲れた印象や老けて見えるため気になる人は多く、クマ取りの施術を受けようか検討している人もいるのではないでしょうか?

目の下の膨らみや凹凸は、コンシーラーやお化粧、マッサージでは決して消えないため、美容医療の力に頼っていただくことが多いです。凹んでいて膨らんでいないと思っていても、プロの目から見れば、クマの症状があらわれている方も少なくありません。

疲れた印象や寝不足でげっそりした印象をを明るく変えられるクマ取りの施術ですが、ダウンタイムはどのくらいの期間あるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、クマ取りのダウンタイムはどのくらいあるのか、施術方法でのダウンタイムの違い、ダウンタイムを短くするためのポイントをご紹介いたします。

クマ取り施術を考えている方は是非参考にしてください。

目の下のクマ取りの症例紹介

写真の症例は、目の下の切らないクマ取りを受けた方の写真になります。

施術前は目の下にクマがありましたが、施術後はスッキリした印象になりました。

目の下の切らないクマ取り
目の下の切らないクマ取り
before画像 Before
after画像 After
施術名
目の下の切らないクマ取り
説明
下まぶたの裏から脂肪を取り出し、目の下のクマやたるみを改善する治療を行いました。電気メスによる丁寧な止血を行い、内出血をできる限り抑えました。
リスク
腫れ・痛み・内出血・感染・左右差・視力低下など
価格
¥76,000〜300,000
目の下の切らないクマ取り
目の下の切らないクマ取り
before画像 Before
after画像 After
施術名
目の下の切らないクマ取り
説明
下まぶたの裏から脂肪を取り出し、目の下のクマやたるみを改善する治療を行いました。電気メスによる丁寧な止血を行い、内出血をできる限り抑えました。
リスク
腫れ・痛み・内出血・感染・左右差・視力低下など
価格
¥76,000〜300,000
目の下の切らないクマ取り
目の下の切らないクマ取り
before画像 Before
after画像 After
施術名
目の下の切らないクマ取り
説明
下まぶたの裏から脂肪を取り出し、目の下のクマやたるみを改善する治療を行いました。電気メスによる丁寧な止血を行い、内出血をできる限り抑えました。
リスク
腫れ・痛み・内出血・感染・左右差・視力低下など
価格
¥76,000〜300,000

目の下のクマ取りの施術の種類

目の下のクマ取りの施術には下記のような治療法の種類があります。

施術方法によって値段やダウンタイムに差があります。

経結膜脱脂法

経結膜脱脂法とは、下まぶたの内側にある結膜という部分から原因となっている脂肪を取り除く手術です。黒クマや目の下の膨らみが強い人、ダウンタイムや費用を抑えてクマを除去したい人におススメの施術です。

見える部分にメスを入れないため、ダウンタイムが比較的短く、直後から効果が実感しやすいのが特徴です。また、結膜は自然治癒力がとても高い部分のため、切開した部分を縫合する必要がありません。

副作用やリスクもちょっとした目元の腫れ、内出血、目のゴロゴロ感と比較的少ないのが特徴です。

デメリットとしては、経結膜脱脂法は最近流行っているため、多くの美容外科医が施術を行っていますが、技術力や施術症例数によって仕上がりやダウンタイムに大きく差が出る点が挙げられます。

簡単な手術方法と軽視されがちですが、手術であることに変わりはなく、治療実績が少ない医師やクリニックと治療実績の多い医師とクリニックでは、手術時間も大幅に変わりますし、仕上がりも大きく変わります。

よくスポーツに例えてお伝えしてますが、サッカーを始めてすぐのサッカー選手とプロサッカー選手ではパフォーマンスが大きく違いますよね?そのくらいこの手術も差ができます。

目の下の切開による脱脂

切開による目の下の脱脂とたるみとりでは、下まつ毛の下1ミリほどの際を切開して、脂肪と余分な皮膚を取り除きます。

皮膚のたるみが強く、脂肪だけでなく皮膚のたるみも除去して綺麗にしたい方におススメです。

目の下を切開するため、完成までには1~2か月ほど要しますが、余分な皮膚を除去するため、たるみを一度に改善できます。

皮膚の表面に傷ができますが、下まぶたの傷は治りやすく、約2~3か月ほどで見てもわからないほどもで綺麗になります。

脱脂+脂肪注入

脱脂+脂肪注入の組み合わせは、目の下の脂肪を除去し、凹んでる部分に自身の太ももから採取した脂肪を注入する治療です。

主に凹みが出やすい方や色クマ(青クマなど)が強い方が受ける施術になりますが、ダウンタイムが1~3週間ほど脱脂のみよりも長く、脂肪の定着まで時間がかかります。

副作用としても脂肪注入したことにより、しこりとなるリスクがあります。

ハムラ法

ハムラ法とは、下まぶたの眼窩脂肪を除去するのではなく、移動させる施術になります。

目の下の膨らみというよりは、凹みがメインで気になる方におススメになります。

費用は他の施術より高額になるのと、難しい手術ではあるので、脱脂以上に仕上がりに差ができます。また、目の内側の細い血管のある近くを触るため、ダウンタイムが長くなります。(腫れが出る可能性が高くなります)

施術時間も、目の下の切らないクマ取り(経結膜脱脂)が熟練していて、早い医師で15分以内で終わるのに対して、慣れた医師でも1時間前後かかります。

そのため、身体への負担は比較的大きめです。

目の下のクマ取りのダウンタイム

基本的に目の下の切らないクマ取り(経結膜脱脂法)のダウンタイムは短く、1~2週間程度です。

まぶたの内側からアプローチするため、皮膚の表面に傷跡ができず、比較的バレにくい施術になります。

術後1~2日程度で腫れや内出血の症状はピークとなり、その後徐々に症状は落ち着いていきます。

経結膜脱脂法は、皮膚表面に傷がつかないため、傷が残らず、上記で解説した目の下のクマ取りの他の施術と比較してもダウンタイムが短いという大きなメリットがあります。

施術直後

施術直後は少し腫れが見られるだけで、表面に傷跡は一切ありません。

腫れは通常、止血処理をしっかり行い、スムーズに終えられれば、少し浮腫んだ程度になります。

(泣いた日の翌日くらいと表現される方が多いです)

施術直後は安静にし、血行が良くなるような行為は行わずに、炎症止めの目薬と腫れが強くならぬようアイシングを行うことで腫れや内出血を抑えることができます。

施術1日後

施術後1日目は腫れが徐々に強くなり、ピークに達しますが、傷跡もなく、腫れも泣いた日の翌日くらいのむくみであるこどが多く、ほとんどわかりません。傷跡も全くわかりません。アイメイクはこの日から可能なので、万が一少しの内出血が出たとしてもメイクで隠すことができます。保冷剤などで5~10分抑えてやめるを理想は一時間置きにこまめにやりましょう)

施術3日後

施術後3日は、腫れや赤みのピークが過ぎてきた場合が多いです。保冷剤でのアイシングと炎症止めの目薬は継続しましょう。術後一週間はなるべく激しい運動を避け、血行が良くなる行動を控えましょう。お酒や塩分の多い食事も避けていただいた方が無難です。

施術1ヶ月後

クマ取り後一か月経つと、ほぼ全員の方が完成します。

術後の経過は医師の指示に従いましょう。目元の状態も安定しており、自然な仕上がりになっています。

施術後の過ごし方

施術後の過ごし方

クマ取りの後は、以下のような点に注意すると術後の腫れや内出血を抑えられる傾向にあります。

施術直後は目元をアイシングする

クマ取りをしてから一週間ほどは患部が炎症で熱をもつため、保冷材などでアイシングをこまめにしましょう。保冷剤を利用する場合には、清潔なガーゼやタオルで包み目元に当てます。

当てる回数と頻度は一回5分~10分程度。これを一時間置きに行うことが理想ですが、厳密には難しい場合でもこまめに冷やすことを心がけましょう。

施術当日は目元を濡らさない

特に目の裏の傷の中に綺麗でない水が入る可能性がある場合にはご注意ください。表側は水で洗っても問題ないですが、裏側の傷に汚い水や液体が入ると感染などの原因になりえます。

目に負担をかけない

できるだけ目の負担にならないように目を休めましょう。

激しい運動・飲酒は避ける

術後血行が良くなるような行動をすると腫れが強くなります。そのため一週間ほどは、激しい運動や飲酒を避けることが理想的です。

ダウンタイムを短くするために

保冷剤で目元を冷やす

こまめに保冷剤で冷やしましょう。詳しい方法に関しては前述したとおりです。

腫れ軽減薬を服用する

お渡しする炎症止めの内服や点眼薬を指示通りに使いましょう。

実績が豊富なクリニックを選ぶ

実績が少ない医師やクリニックではダウンタイムも長くなる傾向があり、予期せぬトラブルが起こった際に対処してもらえないことがあります。実績が豊富なクリニックや医師に施術を担当してもらいましょう。

様々なパターンのクマや施術を担当しているため、一人一人に合わせて施術してくれます。

クマ取りのことならネビュラクリニックにご相談ください

目の下のクマ取りなら、クマ治療に特化しているネビュラクリニックがおすすめです。

ネビュラクリニックのクマ治療の特徴

①症例や実績が豊富

先ほど目の下の切らないクマ取り手術のデメリットとして、技術力の差により施術の仕上がりや腫れ具合に大きな差が出ることを挙げてきました。ネビュラクリニックでは、毎日多くの目の下のクマのご相談や施術があります。そのため、症例が豊富でどの医師が担当しても高クオリティーのクマ取り手術ができるように、技術共有や指導などが行われています。

②施術の指導は元大手美容外科で院長や指導医を歴任してきたドクターが責任をもって担当
③患者様のお目元に合わせて、必要な治療をオーダーメイドに提供

ネビュラクリニックでは、不必要な治療はおすすめしません。ここまでクマの原因や治療法などをご説明してきましたが、目の下のクマが気になるといっても原因や治療法が人それぞれ異なります。

当院では目の下の切らないクマ取り、脂肪注入、ハムラ法、目の下のたるみ切除、ヒアルロン酸やスネコス注射などの注入治療を幅広く扱っており、患者様のお目元に合わせて治療が行われるようになっております。その方に不必要な治療はおすすめしてませんので、脂肪注入や切開をしなくても綺麗になる方に脂肪注入や切開を勧めることはございません。本当に必要な治療のみを高品質で提供し、目の下のクマを改善していきます。

無料カウンセリングを予約する

関連するコラム

[ COLUMN ]
この記事を監修したドクター
岩切琢磨

岩切琢磨

Takuma Iwakiri

経歴

2016年 熊本大学医学部医学科 卒業
2016年 医療法人財団 荻窪病院
2018年 昭和大学病院 皮膚科学講座
2019年 昭和大学江東豊洲病院 皮膚科
2024年 ネビュラクリニック 東京錦糸町院 院長

所属学会・資格

日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会 正会員
日本美容外科学会(JSAS) 正会員
日本抗加齢医学会 正会員
日本専門医機構認定 皮膚科専門医
ボトックスビスタ® 認定資格医
ジュビダームビスタ® 認定資格医
ジュビダームビスタ®バイクロス 認定資格医

術集会演題発表歴

1. 岩切琢磨、井藤遥、小野蘭、猿田祐輔、渡辺秀晃、末木博彦(昭和大)、山下太郎、安東由喜夫(熊本大神経内科):結節性皮膚アミロイドーシスの1例.日本皮膚科学会第879回東京地方会(2018.6)
2. 岩切琢磨、田代康哉、張田修平、岩井信策、渡辺秀晃、末木博彦:好酸球性環状紅斑の1例. 第82回日本皮膚科学会東京支部学術大会(2018.12)
3. 岩切琢磨、新屋光一朗、北見由季、渡辺秀晃、末木博彦:手指に限局したWells症候群の1例. 日本皮膚科学会第883回東京地方会(2019.2)
4. 岩切琢磨、石橋智、山内輝夫、永田茂樹:萎縮性皮膚線維腫の1例.第84回日本皮膚科学会東京支部学術大会(2020.11)
5. 岩切琢磨、山内輝夫、須永知里、永田茂樹:潰瘍性大腸炎の診断に至った下腿の壊疽性膿皮症の1例.日本皮膚科学会第898回東京地方会(2021.10)
6. 岩切琢磨、山内輝夫、須永知里、永田茂樹:粉瘤嚢腫壁より生じたと考えられた基底細胞癌の1例.日本皮膚科学会第900回東京地方会(2022.2)
7. 岩切琢磨、山内輝夫、須永知里、永田茂樹:先天性三角形脱毛症の1例.日本皮膚科学会第901回東京地方会(2022.5)
8. 岩切琢磨、山内輝夫、須永知里、永田茂樹:Gorlin症候群の1例.日本皮膚科学会第902回東京地方会(2022.7)
ドクターの詳細はこちら
白岩 拓巳

白岩 拓巳

Takumi Shiraiwa

経歴

2016年 千葉大学医学部医学科 卒業
2016年 横浜労災病院
2017年 平戸市民病院
2018年 千葉大学医学部附属病院
2019年 千葉労災病院
2020年 大手美容外科クリニック 新宿本院
2020年 大手美容外科クリニック 福岡院 副院長
2021年 大手美容外科クリニック 広島院 院長
2021年 大手美容外科クリニック 銀座院 院長
2022年 ネビュラクリニック 院長

所属学会・資格

日本美容外科学会(JSAS) 正会員
日本抗加齢医学会 正会員
ボトックスビスタ® 認定資格医
ジュビダームビスタ® 認定資格医
ジュビダームビスタ®バイクロス 認定資格医
アメリカ心臓協会 ACLSプロバイダー
アメリカ心臓協会 BLSプロバイダー
日本救急医学会 ICLSプロバイダー
日本内科学会 JMECC修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了

学術集会演題発表歴

1. 白岩拓巳、越後憲之、野崎藤章、近藤有理子:「NICU入室中の早産低出生体重児に分娩室で緊急手術を施行した一例」第22回日本小児麻酔学会学術集会、2016.10.8(横浜)
2. 白岩拓巳、石田晶子、石渡一樹、内藤久美子、大和梓、志賀明菜、中山哲俊、永野秀和、鈴木佐和子、小出尚史、高躍、堀口健太郎、田中知明、横手幸太郎:「ETSS術後再発に対して再手術施行したCushing病の長期経過観察2症例」 第19回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会、2018.9.8(東京)
3. 塚越彩乃、小野啓、白岩拓巳、金子ひより、石渡一樹、前田祐香里、北原綾、石川崇広、林秀樹、横手幸太郎:「減量目的に腹腔鏡下スリーブ状胃切除術を施行した精神疾患合併をもつ高度肥満症の2例」 第56回日本糖尿病学会関東甲信越地方会、2019.1.26(横浜)
4. 白岩拓巳、馬場雄介、石川崇広、越坂理也、前澤善朗、横手幸太郎:「ACTH単独欠損症に対する治療により血糖値が安定化した高齢者1型糖尿病の1例」 第69回日本老年医学会関東甲信越地方会、2019.3.2(東京)
5. 白岩拓巳、馬場雄介、石川崇広、越坂理也、前澤善朗、横手幸太郎:「ACTH単独欠損症に対する治療により血糖値が安定化した高齢者1型糖尿病の1例」 第69回日本老年医学会関東甲信越地方会、2019.3.2(東京)
6. 上田聖、小野啓、小澤元、菊池暢行、佐藤奈緒、鈴木詢也、白岩拓巳、塚越彩乃、熊谷仁、横手幸太郎:「高度肥満症を伴う1型糖尿病に予測低血糖自動注入停止型インスリンポンプを導入した1例」 第37回日本肥満治療学会学術集会、2019.11.2(東京)
7. 類家裕太郎、田村愛、白岩拓巳、石渡一樹、内藤久美子、石田晶子、河野聡美、出口ハンナ、藤本真徳、佐久間一基、鈴木佐和子、小出尚史、山崎有人、笹野公伸、横手幸太郎:「PRKACA変異陽性のCortisol及びAldosterone同時産生副腎腺腫の1例」 第29回臨床内分泌代謝Update、2019.11.29(高知)
8. 由井健智、白岩拓巳、石川耕、三村正裕:「免疫チェックポイント阻害薬関連劇症1型糖尿病の1例」 第57回日本糖尿病学会関東甲信越地方会、2020.1.18(横浜)
ドクターの詳細はこちら

お問い合わせ

[ CONTACT ]
ボタンをタップ
LINEアイコン
LINE予約はこちら
お電話での
お問い合わせはこちら

営業時間 10:00〜19:00/不定休

WEBでご予約はこちら

CONTACT

クリニックのご紹介

[ CLINIC INFOMATION ]

Follow me!!

症例写真・動画投稿しています!参考にご覧ください!