広島・京都・東京錦糸町の美容外科、美容皮膚科、二重整形、クマとり、糸リフトならネビュラクリニック

ネビュラクリニック 錦糸町院(2024年4月1日 グランドオープン)

グラマラスライン形成と目尻切開の違いを徹底解説

グラマラスライン形成と目尻切開の違いを徹底解説

グラマラスライン形成(たれ目形成)は、下まぶたを大きく下に下げることで、たれ目にしたり、目元を大きくすることによって、可愛らしい印象を手に入れることができる目元の美容整形であり、目元の整形の中でも人気の施術です。
目を大きくし、目元の印象を変える施術にはグラマラスライン形成の他にも様々なものがあり、「目尻切開」と呼ばれる施術もとても人気が高く、実はグラマラスライン形成との相性も良いです。
そこで、今回は、グラマラスライン形成と目尻切開の違いを解説しながら、それぞれの手術がおすすめな人をご紹介していきます。

グラマラスライン形成と目尻切開の違いは?

グラマラスライン形成も目尻切開もどちらかというと目尻側にアプローチして目元を大きくする美容整形です。どちらも「大きくぱっちりとした目元を手に入れたい」という方におすすめの方法ですが、グラマラスライン形成と目尻切開では「仕上がりの印象」が大きく異なります。

だからこそ、目元の美容整形を行う際には、「どのようなイメージで大きな目を手に入れたいのか」を明確にしておく必要があります。

グラマラスライン形成とは

人気の高い可愛いタレ目を作りたい方はグラマラスライン形成。
グラマラスライン形成は、下まぶたにアプローチすることで、「人気のタレ目」を作ることができるというのが特徴です。女性的、優しい、可愛い、キュートなどの印象を作りたい方はグラマラスライン形成がとてもおすすめです。
グラマラスライン形成を行うことで、アイメイクでは不可能なレベルでの理想的で可愛いタレ目をつくることができます。このように、「女性らしい印象のぱっちりとした目元」を手に入れたい方にこそ、グラマラスライン形成がおすすめです。

目尻切開とは

目尻切開は「目を大きくして顔を小さく見せたい」、「目頭切開をしてしまうと寄り目に見えてしまうため、目頭切開は行うことができないけれど目を大きくしたい」という方におススメです。
目尻切開を行うことで、寄り目にみえがちで顔のパーツが中心に集まっているような印象をがらりと変えることができます。
目尻からこめかみまでの幅(距離)が知事◎ことで、顔全体のバランスが整いやすく、顔が小さくみえるような効果も期待できます。

また、グラマラスライン形成とは異なり、目尻全体にアプローチすることができるため、「かっこよくクールな印象」をつくることも可能です。

グラマラスライン形成と目尻切開の違い

グラマラスライン形成は下まぶたを下げることによって「可愛らしい印象のタレ目」をつくることができます。一方で、目尻切開は目尻を横と縦方向に拡大することで(横方向の拡大が強い)、顔全体のバランスを整え、顔を小さく見せる効果もあります。目尻切開はどちらかというと「知的でクールな印象に仕上がることが多いかもしれません」
また、グラマラスライン形成と目尻切開はともに相性がよく、両方組み合わせることで目元をさらに大きくすることができ、両方の良いところをとりいれることができます。

どちらが良いということもありませんし、同時施術も可能ですので、理想とする仕上がりにイメージが合うかどうかで手術を選んでいくのがポイントです。カウンセリングの際に理想の目元のお写真があるとカウンセリング時にそのイメージにあわせたお話はしやすいです。

グラマラスライン形成と目尻切開はどちらがおすすめ?

目元整形やグラマラスライン形成(タレ目形成)、目尻切開を選択する際には、必ず一度どちらの方法も検討してみるようにしましょう。
意外と「こっちの施術の方が合うと思っていたのに、実は別の施術の方が仕上がりのイメージが近かった。似合った。」、「同時に複数の施術を行った方が仕上がりが綺麗になった」ということも沢山あります。

グラマラスライン形成、目尻切開と一つの術式に辺にこだわりすぎるのではなく、なりたい顔や仕上がりになるために色々な手術を総合して検討してみるとよいと思います。
その際に美容外科医の意見や考えはとても参考になると思います。毎日いろんな患者様の顔をみて施術をしているので、仕上がりのイメージやどうすれば可愛くなるかなど、経験が豊富だと手に取るようにわかります。

グラマラスライン形成と目尻切開を選ぶポイント

グラマラスライン形成と目尻切開を選ぶポイント

グラマラスライン形成や目尻切開以外にも目元整形には様々なものがあり、それぞれによって仕上がりのイメージは異なります。「目を大きくしたい」、目元をぱっちりしたい」、「可愛い目元を作りたい」、「二重にしたい」などなど。
目元の美容整形を希望される理由やもともとの目元が人によって異なるように、おすすめの施術方法も人によって異なります。
ベストな施術方法を選択するためには、「十分なカウンセリングと診察」に加えて、シュミレーションをしっかり行ったり、経験豊富な美容外科医からのアドバイスを素直に聞くことが大事になります。

現在は、インターネットやSNSの情報で溢れかえっていますが、インターネットやSNSの情報は個人それぞれの意見にすぎませんし、正しい情報もあれば、間違っているような情報もあります。インターネットやSNSの情報だけを鵜呑みにして施術を決められる方よりも、実際にカウンセリングや診察を行い、総合的に決められた方の方が仕上がりが理想どおりに近づき、満足される傾向にあります。

グラマラスライン形成と目尻切開のことならネビュラクリニックにご相談ください。

グラマラスライン形成や目尻切開、目元のお悩みは是非ネビュラクリニックへご相談ください。
ネビュラクリニックは、2024年4月現在、広島・京都・東京錦糸町にある美容外科クリニックです。
ネビュラクリニックでは、元大手美容外科で院長や指導医を歴任した少数精鋭の医師により構成されており、二重埋没法や目頭切開をはじめ、目元整形の症例数が多く、安定した技術を持った医師のみが執刀しています。
目元整形に精通した医師が担当しますので、理想の目元やどういったデザインがよくでどういったデザインが嫌かなどお伝えいただければ、ご希望に沿った目元になるための施術をご提案し、理想の仕上がりを実現いたします。
美容整形が初めてでご不安な方でも、まずは一度ご相談ください。

当院の目元整形の特徴

①安心のアフターケア

一度来院され、施術を行ったすべての方は当院の患者様です。
目元が理想の仕上がりになるように施術を行った後も、可能な限りアフターケアをしっかり行っていきます。実はアフターケアが美容外科の業界の中では一番時間と労力がかかります。そのため、術後のアフターケアを軽視しているクリニックもありますが、当院は患者様が仕上がりに満足されるよう可能なかぎりサポートしていきます。

②目元整形に精通した医師が理想の目元をご提案

目元整形に精通した医師が担当しますので、理想の目元やどういったデザインがよくでどういったデザインが嫌かなどお伝えいただければ、ご希望に沿った目元になるための施術をご提案し、理想の仕上がりを実現いたします。

③二重整形やそのほかの施術同時に処置可能。

施術が複数になれば、施術の難易度はあがります。当院は二重整形と同日に処置やそのほかの施術を同日に組み合わせて行うことが多いので、複数の処置との組み合わせも安心してお任せください。

関連するコラム

[ COLUMN ]
この記事を監修したドクター
岸大輔

岸大輔

Daisuke Kishi

経歴

昭和大学医学部医学科 卒業
東海大学医学部附属病院 形成外科
都内病院 麻酔科
大手美容外科クリニック 川口院 院長
大手美容外科クリニック 新宿東口院 部長
大手美容外科クリニック 仙台駅前院 副院長
大手美容外科クリニック 高田馬場院 院長
大手美容外科クリニック 枚方院 院長

所属学会・資格

日本美容外科学会(JSAS)正会員
日本麻酔科学会正会員
ボトックスビスタ認定資格医
ジュビダームビスタ認定資格医
ジュビダームビスタバイクロス認定資格医
日本救急医学会ICLSプロバイダー修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

学術集会演題発表歴

1. 『肢帯型筋ジストロフィー患者の腹腔鏡下虫垂切除術に対する麻酔経験』,第59回日本麻酔科学会合同学術集会,演者:岸大輔、奥田奈穂、小柳哲男、斎藤郁恵、新井多佳子、島田宗明
ドクターの詳細はこちら
白岩 拓巳

白岩 拓巳

Takumi Shiraiwa

経歴

2016年 千葉大学医学部医学科 卒業
2016年 横浜労災病院
2017年 平戸市民病院
2018年 千葉大学医学部附属病院
2019年 千葉労災病院
2020年 大手美容外科クリニック 新宿本院
2020年 大手美容外科クリニック 福岡院 副院長
2021年 大手美容外科クリニック 広島院 院長
2021年 大手美容外科クリニック 銀座院 院長
2022年 ネビュラクリニック 院長

所属学会・資格

日本美容外科学会(JSAS) 正会員
日本抗加齢医学会 正会員
ボトックスビスタ® 認定資格医
ジュビダームビスタ® 認定資格医
ジュビダームビスタ®バイクロス 認定資格医
アメリカ心臓協会 ACLSプロバイダー
アメリカ心臓協会 BLSプロバイダー
日本救急医学会 ICLSプロバイダー
日本内科学会 JMECC修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了

学術集会演題発表歴

1. 白岩拓巳、越後憲之、野崎藤章、近藤有理子:「NICU入室中の早産低出生体重児に分娩室で緊急手術を施行した一例」第22回日本小児麻酔学会学術集会、2016.10.8(横浜)
2. 白岩拓巳、石田晶子、石渡一樹、内藤久美子、大和梓、志賀明菜、中山哲俊、永野秀和、鈴木佐和子、小出尚史、高躍、堀口健太郎、田中知明、横手幸太郎:「ETSS術後再発に対して再手術施行したCushing病の長期経過観察2症例」 第19回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会、2018.9.8(東京)
3. 塚越彩乃、小野啓、白岩拓巳、金子ひより、石渡一樹、前田祐香里、北原綾、石川崇広、林秀樹、横手幸太郎:「減量目的に腹腔鏡下スリーブ状胃切除術を施行した精神疾患合併をもつ高度肥満症の2例」 第56回日本糖尿病学会関東甲信越地方会、2019.1.26(横浜)
4. 白岩拓巳、馬場雄介、石川崇広、越坂理也、前澤善朗、横手幸太郎:「ACTH単独欠損症に対する治療により血糖値が安定化した高齢者1型糖尿病の1例」 第69回日本老年医学会関東甲信越地方会、2019.3.2(東京)
5. 白岩拓巳、馬場雄介、石川崇広、越坂理也、前澤善朗、横手幸太郎:「ACTH単独欠損症に対する治療により血糖値が安定化した高齢者1型糖尿病の1例」 第69回日本老年医学会関東甲信越地方会、2019.3.2(東京)
6. 上田聖、小野啓、小澤元、菊池暢行、佐藤奈緒、鈴木詢也、白岩拓巳、塚越彩乃、熊谷仁、横手幸太郎:「高度肥満症を伴う1型糖尿病に予測低血糖自動注入停止型インスリンポンプを導入した1例」 第37回日本肥満治療学会学術集会、2019.11.2(東京)
7. 類家裕太郎、田村愛、白岩拓巳、石渡一樹、内藤久美子、石田晶子、河野聡美、出口ハンナ、藤本真徳、佐久間一基、鈴木佐和子、小出尚史、山崎有人、笹野公伸、横手幸太郎:「PRKACA変異陽性のCortisol及びAldosterone同時産生副腎腺腫の1例」 第29回臨床内分泌代謝Update、2019.11.29(高知)
8. 由井健智、白岩拓巳、石川耕、三村正裕:「免疫チェックポイント阻害薬関連劇症1型糖尿病の1例」 第57回日本糖尿病学会関東甲信越地方会、2020.1.18(横浜)
ドクターの詳細はこちら

お問い合わせ

[ CONTACT ]
ボタンをタップ
LINEアイコン
LINE予約はこちら
お電話での
お問い合わせはこちら

営業時間 10:00〜19:00/不定休

WEBでご予約はこちら

CONTACT

クリニックのご紹介

[ CLINIC INFOMATION ]

Follow me!!

症例写真・動画投稿しています!参考にご覧ください!