広島・京都の美容外科、美容皮膚科、二重整形、クマとり、糸リフトならネビュラクリニック

ネビュラクリニック 錦糸町院(2024年4月1日 グランドオープン)

鼻翼縮小(小鼻縮小)手術はバレやすい?原因と対策をご紹介

鼻翼縮小(小鼻縮小)手術はバレやすい?原因と対策をご紹介

鼻翼縮小術(別名:小鼻縮小術)は、鼻整形の中でも特に人気のあるメニューの一つです。

小鼻の大きさや小鼻が広がっているのがコンプレックス。
鼻の穴が目立つのが嫌だという患者様は実は日本にも沢山います。
そういった小鼻に関するお悩みをお持ちの方には鼻翼縮小術(小鼻縮小術)が大変おススメの施術です。
しかし、小鼻のお悩みが解消される鼻翼縮小術ですが、美容整形がバレてしまうのではないかと不安な方もいるでしょう。
今回は、鼻翼縮小術の具体的な方法、バレずに鼻整形を受けるコツなどを解説していきます。

鼻翼縮小(小鼻縮小)とは?

鼻翼を切開することによって鼻翼全体を小さくし、鼻翼の広がりや大きさを小さくする鼻整形の施術です。鼻翼縮小にも内側だけを切開し小さくする鼻翼縮小内側法、外側だけを切開し小さくする鼻翼縮小外側法、内側と外側を小さくする鼻翼縮小内側+外側法などお一人お一人の形や要望によって様々な方法があります。

小鼻縮小に期待できる効果

鼻を細く見せる

小鼻縮小術には、横に張り出した鼻翼の一部を切除することで、鼻全体をシュッと細くみせる効果が期待できます。また実際には、鼻の高さはあまり変わりませんが、小鼻の幅が狭くなることで鼻筋が通った印象になれる効果も期待できます。

団子鼻改善

日本人やアジア人に多いとされる団子鼻は、軟骨の広がりや脂肪や鼻の皮膚の厚みが原因とされ、鼻を小さくするマッサージを行う程度では改善できません。
そこで効果的なのが、鼻尖形成や耳介軟骨移植などの鼻先の丸みを改善し高さを出すような美容外科手術や小鼻縮小術です。これらの美容外科手術を適切に行うと鼻先や小鼻が小さくまとまり、気になっていた団子鼻の改善効果があります。

鼻の穴の縦長効果

団子鼻の方に多いのが、鼻の穴が丸く、正面からみたときに鼻の穴が見えやすい状態です。
このような状態は元々の骨格によっても起こるのですが、小鼻縮小の内側法を含む方法で鼻翼の余分な部分を除去すれば、鼻の大きさが改善できるだけでなく、丸く大きな鼻の穴の改善効果があり、正面からみても鼻の穴が目立ちにくい状態にできます。
最近では鼻の穴の目立ちやすさが気になる方の小鼻縮小や鼻尖形成の相談が増えてきています。

小鼻縮小はバレる?バレる原因をご紹介

小鼻縮小はバレる?バレる原因をご紹介

小鼻縮小では、小鼻の付け根部分の皮膚を切開するため(つまり目立ちにくいところ)、自然に皮膚に溶け込み、仕上がり時ではほぼ目立たない状態に落ち着きます。つまり、傷口が目立つことで小鼻縮小がバレる心配はほぼありません。
しかし、そんなバレにくい小鼻縮小ですが、バレるとすると以下のケースが考えられます。

小鼻の幅が狭い

極端に小鼻の幅が小さくなりすぎてバレるケースです。
小鼻縮小ではあらかじめ仕上がりへの変化量を考えて切除量やデザインを行います。極端に変化が出すぎるデザインで切ってしまうと変化が出すぎてバレることがあります。しかし、小鼻縮小はがっつり切開で変化を持たせようとしても割とマイルドな変化になりやすい手術です。他人の小鼻を常日頃からしっかりと観察していて、ちょっと変わっただけでバレてしまうようなことはほとんどありませんので、安心して理想の仕上がりに対してデザインし手術してもらってください。

縫合の糸

小鼻縮小では切除部分を縫合しますので、抜糸まで(最短5日)は糸がついた状態となります。
この間に誰かに除き見られてしまった場合にはバレる可能性があります。とわいえ、マスクなどで対策すれば基本的にはバレませんし、元々わかりにくい部分ではあるので、よく覗き見るようなことがなければ基本はわかりません。また、どうしてもバレたくないという人は透明な糸を使って縫合してもらうことも可能です。(手術中ほんとに見えないので、施術者泣かせの方法ですが(笑))
バレにくくする方法はあるので、その点も含めてカウンセリング時に相談しましょうね。

小鼻縮小でバレないための対策

先ほどの項目で小鼻縮小でバレる場合はどんなケースかお伝えしてきました。
小鼻縮小は比較的わかりにくい処置、バレにくい処置ですが、ここでは、本当にバレる可能性を1%も残さないためにはどうすればよいか解説していきます。

切除を最小限に

先ほどもお伝えした通り、変化量が大きければバレやすくなります。そのため、どうしてもバレたくない場合には切除を必要最小限に留めればよりバレにくくなるでしょう。もちろん、切除が少なすぎると手術前とほぼ変わらず変化がわかりにくいということにもなりかねますので、その点については手術前に担当医とよく相談して手術に臨みましょう。

手術を段階的に

切除を最小限にするということにも関連しますが、鼻の手術は一度の変化が大きかったり、他の部位含めて一度に複数の手術をする場合には劇的な変化がみられることがあり、それによってバレるリスクが高まります。そして、この対策として役立つのが、段階的に複数回に分けて手術を受けるということです。ただし、一度で終えられる変化を複数回に分けて手術するので、何回かクリニックへ訪れる必要性がありますし、手術を何回にも分ければ、合計の手術費用が高くなる場合もあります。

マスクで隠す

誰でも簡単にできる対策として早いのは、マスクで隠すことです。
この方法であれば、抜糸前で糸があっても手術部位が人にバレる心配がありません。
マスクを外すとすれば食事の時になりますので食事をする際には人目につかない場所で食事をしたり、一人で食事をするなどの工夫は必要になるかもしれません。
一番最強なのは、手術を受けたことを公表してオープンにすることですが、それ以外であれば、上記の方法で行えばバレずに鼻の整形を行えます。

小鼻縮小ならネビュラクリニックがおすすめ

ネビュラクリニックでは小鼻縮小や鼻整形を日常から沢山行っております。
近年、美容クリニックが増えてきましたが、実は鼻整形はメニューにはあるけど全くやっていないという美容外科も非常に多いのです。鼻整形の経験の少ないクリニックと多いクリニックでは、どちらが仕上がり綺麗かは明らかだと思います。
小鼻縮小や鼻整形についての情報を症例写真も交えながらわかりやすく、医師が丁寧にカウンセリングしますので、美容整形が初めての方でもご安心ください。
医師含めスタッフ一同心よりお待ちしています。

関連するコラム

[ COLUMN ]
この記事を監修したドクター
岸大輔

岸大輔

Daisuke Kishi

経歴

昭和大学医学部医学科 卒業
東海大学医学部附属病院 形成外科
都内病院 麻酔科
大手美容外科クリニック 川口院 院長
大手美容外科クリニック 新宿東口院 部長
大手美容外科クリニック 仙台駅前院 副院長
大手美容外科クリニック 高田馬場院 院長
大手美容外科クリニック 枚方院 院長

所属学会・資格

日本美容外科学会(JSAS)正会員
日本麻酔科学会正会員
ボトックスビスタ認定資格医
ジュビダームビスタ認定資格医
ジュビダームビスタバイクロス認定資格医
日本救急医学会ICLSプロバイダー修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

学術集会演題発表歴

1. 『肢帯型筋ジストロフィー患者の腹腔鏡下虫垂切除術に対する麻酔経験』,第59回日本麻酔科学会合同学術集会,演者:岸大輔、奥田奈穂、小柳哲男、斎藤郁恵、新井多佳子、島田宗明
ドクターの詳細はこちら

お問い合わせ

[ CONTACT ]
ボタンをタップ
LINEアイコン
LINE予約はこちら
お電話での
お問い合わせはこちら

営業時間 10:00〜19:00/不定休

WEBでご予約はこちら

CONTACT

クリニックのご紹介

[ CLINIC INFOMATION ]

Follow me!!

症例写真・動画投稿しています!参考にご覧ください!