広島・京都の美容外科、美容皮膚科、二重整形、クマとり、糸リフトならネビュラクリニック

ネビュラクリニック 錦糸町院(2024年4月1日 グランドオープン)
  • TOP
  • コラム一覧
  • 医療ハイフとエステハイフの違いとは?!安全性や効果持続性でのおすすめは?

医療ハイフとエステハイフの違いとは?!安全性や効果持続性でのおすすめは?

医療ハイフとエステハイフの違いとは?!安全性や効果持続性でのおすすめは?

ハイフ(HIFU)は小顔効果やたるみ予防効果で若返りや老化を抑える効果が期待できる美容施術です。施術は大きく二種類に分けることができ、クリニックでしか受けれない「医療ハイフ」とエステサロンで受けることができる「エステハイフ」の二種類があります。
この二つはどちらもハイフと名前がついておりますが、使用できる機器に大きな違いがあり、似てますが全く別物と考えていただいてよいかと思います。

「どちらの施術を選べばよいか迷っている」という方はもちろん、「今検討しているハイフが医療ハイフなのかエステハイフなのかわからない」という方のために、本記事では医療ハイフとエステハイフの違いについて詳しく解説いたします。
2つの違いを正しく理解して、正しくハイフを有効活用しましょう。

ハイフ(HIFU)とは?

ハイフ(HIFU)とは、「High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)」の略で、専用の高価な医療機器を用いて、肌に超音波を当て、真皮、皮下組織、筋膜(SMAS層)に熱エネルギーを与えることで肌表面を傷つけず、組織の引き締め効果やリフトアップ、肌質改善等をはかる施術です。

フェイスラインのたるみ治療として、フェイスリフトや糸リフトがありますが、そういった治療を受けるのに抵抗があるという方でもエステの延長線上の治療として受けられるので近年人気がある施術になります。

医療ハイフとエステハイフの違い

大きな分類としては、医療機関でしか行えないハイフ機器を使った施術が医療ハイフ、それ以外がエステハイフです。
医療機関でしか行えないということは、医師や看護師の管理下で必須ということになりますので、高出力で行えたり、肌の深い層へ効果を発揮するのが可能であったりします。

医療ハイフもエステハイフも超音波を使って肌に熱エネルギーを加えることで効果を出すという点では一緒です。熱を与える層でも得られる効果が違う傾向にあり、医療ハイフでは様々な層に熱を加えることが可能なので、顔の特性に合わせてオーダーメイドで施術できるという特徴もあります。
医療ハイフとエステハイフの違いについて、わかりやすいように5項目に分けて詳しく解説していきます。

使用する機種

ハイフの機器は、各メーカーから様々な種類のものが販売されています。機種によって特徴や超音波で照射できる深さなどが異なり、それにより期待できる効果や効き目の強さ、痛み、施術時間などが変わってきます。
医療ハイフは照射出力制限がなく、照射深度にも大きな制限がないため、あらゆる効果を出すことが可能です。一方、エステハイフは医療資格を持たないスタッフが施術を担当しますので、医療行為にあたらない範囲となるように出力や照射の深さをある程度制限した機種しか使用できません。
つまり、医療ハイフだけで使用できる機種とエステハイフでも使用できる機種が存在します。
価格はエステハイフの方が安い傾向にあるので、エステハイフをやっていた方がより効果を求めて医療ハイフを始めるというケースが最近は増えてきたかもしれません。

安全性

医療ハイフもエステハイフも施術を受ける方の状態やリスク等を加味して施術内容を決めるため、必ずしもエステハイフの方が危険というわけではありません。
ですが、安全性を考慮した上でより高い効果を求めるのであれば、身体の仕組みを熟知した医師や看護師が在籍し、万が一の場合の処置も対応できる医療ハイフの方が優れていることは間違いないかと思います。

ダウンタイム

医療ハイフもエステハイフもダウンタイムはほとんどありません。どちらも休みがとれなくても受けて問題ないものになります。

効果の持続性

効果の持続期間については医療ハイフの場合、一般的に3か月~半年程度とされています。
一方、エステハイフの場合には1~2か月ほどと短く、医療ハイフとエステハイフでは効果を継続させるためにあける施術間隔が大きくことなります。(異なります?)
医療ハイフでは4~6か月に一回、エステハイフでは1~2か月に一回ハイフを受けられる方が多いかと思います。

痛み

痛みに関しては大きな差はありませんが、エステハイフの方が照射が弱い分痛みも少ないかと思います。ただ、最近は痛みを抑えるために医療ハイフのメーカーも改良を重ねており、最近の医療ハイフの機種は痛みが少ないものも多いので、痛みに関してはエステハイフとも大きく差はありません。

痛みに弱い方でも受けることができる程度の痛みになります。

料金

医療ハイフの一回の料金相場は2万円~15万円程度、エステハイフは5000円~2万円ほどの価格帯が多いです。ただ先ほど持続期間に対しての施術間隔なども解説したように繰り返し施術する必要性を考えると長い目でみると料金面でも医療ハイフとエステハイフは大して変わらないかと思います。

ハイフを受ける際の注意点

リスクや危険性

ハイフ治療には、リスクや危険性が伴います。
医療ハイフ機器では、表皮から4.5mmの深さにある筋膜(SMAS層)に65度~75度の高温になるように超音波を照射して、熱凝固させることによって、組織を引き締め、タイトニング効果をもたらします。しかし、筋膜層上には多くの神経や血管なども張り巡らされているため、安全に照射するためにはどの部位に照射してはいけないのか解剖的な知識が必要になります。
国民生活センターによる報告では、エステサロンでそういった知識なく、高い出力で照射に神経を祖運昇したり、やけどのような感じになったりという事故が報告されています。
また最近では「セルフエステ」といって家庭用の機器でご自身で照射するものも販売されているため、こちらでもやけどや神経麻痺などの後遺症が残ったという事例も報告されています。

施術実績

安全に施術を受けるためには施術実績も大事です。
しっかり施術者が施術実績があることを確認しましょう。

医療ハイフがおすすめな理由

医療ハイフがおすすめな理由

私は医師として、効果や安全性、持続期間などを求めるのであれば、医療ハイフをおすすめします。

効果や持続性

前述でも説明しましたが、クリニックでの医療ハイフは照射する出力、照射の深さなどが大きくことなります。安全に配慮して、必要な部位により照射の深さを変えることでオーダーメイドの効果を出すことが可能になります。最近では脂肪層の脂肪に対して照射することで、脂肪を溶かす効果もあるので、深さや当て方を組み合わせることでよりお顔の特性に合わせた効果を出すことが可能になってます。
また持続性の面からみても医療ハイフがやはり優秀でしょう。

安全・安心

強いパワーでの照射は、神経や血管を避けて行わなければなりません。顔の解剖学的知識をもっていないと神経損傷ややけどの事故などにつながります。
クリニックでは、しっかり知識があり、経験を積んだ医師や看護師が施術を行うため、安全に配慮した環境で受けることができます。

トラブル時の対応

ハイフ治療で、万が一やけどなどが発生した場合、クリニックでは適切な処置を行うことができるため、後遺症が残るケースはほとんどありません。エステハイフではそういったトラブル時に対処できないという点も医療ハイフを受けるメリットかもしれません。

医療ハイフならネビュラクリニックがおすすめ

医療ハイフはネビュラクリニックがおすすめです。
ネビュラクリニックでは、ウルトラフォーマーMPT、ウルトラセルziの最先端の医療ハイフ機器を導入しています。医療ハイフに限らず、糸リフトや脂肪吸引、ヒアルロン酸などを用いた小顔輪郭治療を特に得意にしており、毎日たくさんの小顔輪郭のお悩みを解決しているため、症例数が大変多いです。
医療ハイフを正しくより効果的に提供するためにも、お顔の解剖学的知識は非常に重要であり、医療ハイフも一人一人のお顔に合わせてオーダーメイドに提供することが可能です。
医療ハイフをお考えの方は、小顔輪郭治療を総合的に受けられるネビュラクリニックへお越しください。
皆様のご来院、医師、スタッフ一同お待ちしております。

関連するコラム

[ COLUMN ]
この記事を監修したドクター
岸大輔

岸大輔

Daisuke Kishi

経歴

昭和大学医学部医学科 卒業
東海大学医学部附属病院 形成外科
都内病院 麻酔科
大手美容外科クリニック 川口院 院長
大手美容外科クリニック 新宿東口院 部長
大手美容外科クリニック 仙台駅前院 副院長
大手美容外科クリニック 高田馬場院 院長
大手美容外科クリニック 枚方院 院長

所属学会・資格

日本美容外科学会(JSAS)正会員
日本麻酔科学会正会員
ボトックスビスタ認定資格医
ジュビダームビスタ認定資格医
ジュビダームビスタバイクロス認定資格医
日本救急医学会ICLSプロバイダー修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

学術集会演題発表歴

1. 『肢帯型筋ジストロフィー患者の腹腔鏡下虫垂切除術に対する麻酔経験』,第59回日本麻酔科学会合同学術集会,演者:岸大輔、奥田奈穂、小柳哲男、斎藤郁恵、新井多佳子、島田宗明
ドクターの詳細はこちら

お問い合わせ

[ CONTACT ]
ボタンをタップ
LINEアイコン
LINE予約はこちら
お電話での
お問い合わせはこちら

営業時間 10:00〜19:00/不定休

WEBでご予約はこちら

CONTACT

クリニックのご紹介

[ CLINIC INFOMATION ]

Follow me!!

症例写真・動画投稿しています!参考にご覧ください!